事業内容

事業内容 > センサーコア

センサーコア

【巻コア/積層コア】

巻コア/積層コア
     

[巻きコア]

源泉からのモノづくり革新により、安定した磁気特性と高い寸法精度を実現し、産業機器、EV/HEV用等のセンサーコアで自動車メーカーの品質基準を満足する保証体制を構築しています。

[積層コア]

金型で積層状にプレスしたコアを巻きコアと同形状に仕上げた製品になり、プレス(カシメ)により、コア形状、ギャップを構成しています。


⇒詳しくはこちらをご覧ください。(大阪本社の製品説明のページへ移動します)

※サンプル製作依頼等につきましては、大阪本社へお問い合わせください。

<こんなトコロで使われています>

SHT兵庫株式会社のセンサーコアは、ハイブリッドカーや産業機器の電子部品として活用され、主に電流を制御するために使われています。

例えばハイブリッドカーであれば電気でエンジンを制御しているため、電流値に変化があると一定の電流値に戻す役割をしています。

他にカーナビゲーションや速度表示などの電気系統はエンジンに関わっているため、電流値を制御し、低燃費になるように役割を担っています。

近年のセンサーコアは、「小型化+軽量化」が進んでいるため各社技術を凌いで設計及び開発、生産をしています。 

こんなトコロで使われています

<イメージ図>

例えば、ハイブリッドカーの部品に使われています。

<取引企業>

国内大手企業様のハイブリッドカーなどに搭載されています。 海外大手企業様との取引も進行しています。